データ分析に疎い営業部・販促メンバーとの打ち合わせにおいて…。

こんにちは a1chemyと申します。

現役でデータサイエンティストをしております。

主にコールセンター・通販業界の方々へ伴走支援を行っております。

 

今回は[データ分析に疎い営業部・販促メンバーとの打ち合わせにおいて…。]というネタです。

[重役への報告会はこちら↓]

a1chemy.hatenablog.com

 

 

データ分析に疎い営業部・販促メンバーとの打ち合わせ前において、このようなことを思ったことはないでしょうか?

 

①データ分析に興味があるのだろうか?

②前提知識はどれくらいあるのだろうか?

③データドリブンな思考はあるのだろうか?

 

このほかにも色々とあると思います。

このようなデータに詳しくない方との打ち合わせをするときに役立つポイントを3つ紹介します。

 

①事前に目的から逸れていないかチェック
目的を宣言する・振り返る
③目的とは直接関係ないものは補助スライドへ

 

答えになっていないじゃないか?と思うかもしれませんがこれで大丈夫です。

 

データ分析に興味が無くても、前提知識が無くても、データドリブンの思考がなくても大丈夫です。

 

目的を明確にしておけば"どうにか"なります。

逆に目的が明確でないと他人事になりえます。

 

自分たちの課題などが目的だとなお話を聞いてくれます。

 >>実績向上のためになることを嫌がる人はいません。

 

もし、課題が明確ではなかった際、参加者の一人が全く関係ない話題を出したりすれば、話は脱線しぐだぐだのまま打ち合わせの時間が過ぎていきます。

(事実なんども経験してきました)

 

そのため、"しつこい"と思われるくらい目的を宣言することで、

参加者の認識一致ができます。

 

今後、報告する可能性がある人は参考にしていただければ幸いです。